あるく私記

△を歩いたり、△でご飯食べたり、△で寝たりしてます。

はじめての山登り(5合目)

こんばんはー♫

今日から丸1年ほど前に

最低限の道具をそろえ、

はじめて登山に行ったときの思い出話を書いてきます。

 ※昔の話なので写真は一切ありません(謝) 

 

 

 大和葛城山(959m)

 

 

つつじが有名で頂上からの景色もよく、

歩きやすい登山道、ロープウェイもあり

登山初心者でも登りやすいお山です。

とネットには書いてますね。

 

・北尾根コース(中級者向け)

・くじらの滝コース(初心者向け)

 

葛城山ロープウェイからの登山道は

この2つの道が選べました。

 

自分は運動不足だけど若いから大丈夫だろう、

下調べで道迷いの心配は少なそうだし、

運動しに来たんだからあえてキツい道を行こう‼

 

 

迷わず北尾根コースで登ることに決めました。

当日は4月並みの陽気で快晴。

朝の8時くらいだったかな?

水500ミリリットル×2、替えのシャツ、

サンドイッチとスニッカーズ1本を持ち、

ワクワクしながら家を出ます。

 

 

朝の9時、葛城山ロープウェイの駐車場に到着‼

すでにそこは標高315m。

駐車場から眺める街並みも遠く、

これからの冒険に胸が踊っています♪

 

 

そこそこ登山客もいて、

ストックを持ったガチ登山スタイルのお兄さん

チェックシャツにジーンズのファミリー

70は越えてるであろう老夫婦など

ほんとに様々な方がいた記憶があります。

 

 

はじめての登山靴の紐をしっかり結び、

さあ、私の初登山アタック開始です♫

 

 

北尾根コースの登山口はロープウェイからすぐ、

くじら滝コースとの分岐があります。

分岐や途中に ア~サ と書いた看板が立っており

それが進行状況の確認や目印になります。

 

 

分岐を北尾根コースに入り、

 サ の看板目指してレッツゴー‼

 

 

と元気があったのもこれまでです。(笑)

 

 

いきなり北尾根コースの入り口から急登です。 

ロープや杭が打ってあり、たしかに道はわかりやすく、

整備されていますがめちゃくちゃ急なんです。

 

 

日頃から運動など全くしていなく、

いきなり現れた山の斜面に戸惑います。

 

『これが登山かぁ…』

 

息をハアハア言わせながら登ります。

 

 

ハァ…ハァ……

 

 

開始から10分、最初の看板 ア が見えました。

そしてこのとき結構本気で考えました。

『こんなに急とは思わなかった、帰ろうかな』と(笑)

 

 

しかし山頂まで行けばロープウェイがあり、

ここまで装備も揃えたのに

開始10分で帰ったらシャレにもならん。

 

 

意地と気合いで再出発です。

このときに休憩しながら水めっちゃ飲みました…

 

 

登山道は細いうえに急、

登り慣れてる方々にどんどん抜かされます。

登山靴が重くて歩きにくい…

スニーカーにすればよかったかな…

動いてる間はとにかく暑いし…

とにかく文句ばかりが頭に思い浮かびます。

 

 

 

昔の私よ、

こんなにいろいろ考える余裕があるならまだまだ大丈夫だ(笑)

 

 

 

イ~ウ~エまで到着。

たくさんの人に抜かされました。

この段階でコースタイムより大幅に遅れ、

1リットルあった水も1/4以下、

何より息切れが止まりません。

 

 

ここでまたもやシンキングタイム。

『帰るならここで決めないと』(笑)

 エ 地点、たしか登山開始から1時間も経たないくらい。

登れば登るだけ引き返す距離も伸びる…

 

 

このとき、とにかく悔しかったのを覚えています。

年配の方、また子供にもどんどん抜かされ、

少し傾斜を登っただけで息を切らし足を止め、

山頂まで登ると決めたのに半分も登ってない。

半分も登ってないのに帰ろうとしている自分…

 

 

…迷ったあげく、登ることにしました。

なんとか山頂まで行ってロープウェイに乗って降りる。 

 

まだまだ葛城山の頂上は見えません…

 

 

続く。