あるく私記

△を歩いたり、△でご飯食べたり、△で寝たりしてます。

明神平【奈良/台高山脈】

こんばんはー!!

今回も台高山脈です(笑)

明神平~笹ヶ峰~千石山へと登ってきました!。

 

明神平は関西圏では冬の名山として知られてますね。

今日は紅葉を狙って登ってきました♫

非常に人気の山なのでご存知かと思いますが、

簡単にコースの説明と明神平の魅力をお伝え出来たらと思います(_ _*)

 

 

コースタイム(大又林道終点→明神平→笹ヶ峰→千石山)

 

大又林道終点7:00→明神平登山口7:20→第一沢渡渉7:40→ミョウジン谷(明神滝ビュー)8:05→山頂直下の水場8:40→明神平8:50→三ツ塚分岐9:15→明神岳9:25→笹ヶ峰9:55→千石山10:30

※やはた温泉は11:00開店

明神平ピストンの方で温泉に寄りたい方は時間にご注意を。 

 

 

2017年11月03日 大又林道終点まで車通行可能。

先週の台風21号による登山道、渡渉箇所の崩落なし。


f:id:arucu:20171103205711j:image

台高山脈で一番好きな山です。

明神平から桧塚奥峰、薊岳、赤ゾレ山など、

素晴らしい山々がありテント場としても人気がありますね。

また登山道も前半は沢を中心に登り応えがあり、

後半は木々の美しい静かで緩やかな道が癒してくれます。


f:id:arucu:20171103223843j:image

それじゃあ林道終点からスタート!!(0:00)

しばらく舗装された林道を進みます。

昔はもう少し先まで車で行けたみたいで、

その終点が山と高原地図に記載されている登山口みたいです。

 
f:id:arucu:20171103224415j:imagef:id:arucu:20171103224430j:image

緩やかなで綺麗な舗装道です。

小さな滝や水の美しさに期待が膨らみます!!

f:id:arucu:20171103224738j:imagef:id:arucu:20171103224909j:image

冬場はこの舗装路が凍ってしまってよく転びます…


f:id:arucu:20171103225135j:imagef:id:arucu:20171103225213j:image

ここが登山口になります。(0:20)

登山ポストもあり簡単な地図も載っています。

山と高原地図ではここから75分で明神平に着くとありますが、

この地図通り90分は見ておいたほうがいい気がします(・-・`)


f:id:arucu:20171103225642j:imagef:id:arucu:20171103225737j:image

少しの間また舗装道です。

なかなか急で濡れてるとかなり滑るのでプチ難所です(笑)

 
f:id:arucu:20171103225907j:imagef:id:arucu:20171103225935j:image

舗装道が終わるとここから沢を巻き、

時には渡りながら登っていきます!!

 

f:id:arucu:20171103230059j:imagef:id:arucu:20171103230151j:image

一つ目の渡渉ポイントです。(0:40)

前日に雨が降ると水量が増えてなかなか怖いです。

またロープがたくさん張られてますが、

どれも絶妙にだらしないんです(笑)

あまり信用しないで渡ってください(´._.`)

 
f:id:arucu:20171103230539j:imagef:id:arucu:20171103230617j:image

一つ目の沢を渡るとすぐに二つ目です。

一つ目が渡れたら大丈夫だと思いますが、

水流があるのでハマっちゃうとテンション下がります…

 
f:id:arucu:20171103231007j:imagef:id:arucu:20171103231126j:image
なかなか急で登り応えがあります。

踏み後はしっかりありテープも多いですが、

石が多く沢沿いなので濡れて滑りやすいので慎重に登ります。

 
f:id:arucu:20171103231521j:imagef:id:arucu:20171103231556j:image

三つ目の渡渉ポイントです。

ここもロープがだらしないんので注意です(・-・`)

少し進むと沢から外れて巻き道に入ります!!

黄色テープが足場の目印ですが、

見過ごして進んでも無理矢理登れちゃいます(笑)

 

f:id:arucu:20171103231937j:imagef:id:arucu:20171103232034j:image

枯れ葉は多いですが紅葉はまだまだですね。

この辺りは道が急で浮き石も多いのでご注意を。

 

f:id:arucu:20171103232433j:imagef:id:arucu:20171103232700j:image

ミョウジン谷。(1:05)

少し登ると明神滝ビューポイントです。

ミョウジン谷の看板のある箇所をつづら折りに登ります。

 

f:id:arucu:20171103233431j:imagef:id:arucu:20171103233502j:image
明神滝…写真ではイマイチですが実物はなかなかですよ!!

休憩に丁度いいベンチもあります。

 

f:id:arucu:20171103233738j:imagef:id:arucu:20171103233822j:image
f:id:arucu:20171103234049j:image

沢沿いルートはここまで。

これからはつづら折りにゆっくり高度を上げます。


f:id:arucu:20171103234350j:imagef:id:arucu:20171103234454j:image

少し色が染まってきました…どきどき

 
f:id:arucu:20171103234655j:imagef:id:arucu:20171103234831j:image
f:id:arucu:20171103234733j:image

苔も綺麗なんです。

道も緩やかでご褒美みたいな景色に癒されます。

 
f:id:arucu:20171103235207j:imagef:id:arucu:20171103235332j:image

朱くなってきましたね!!

明神平は谷を登る山なのでガスってる事が多いです。

なので晴れてる日に当たるとほんと嬉しくなります。

 

f:id:arucu:20171103235548j:imagef:id:arucu:20171103235651j:image

山頂直下の水場です。(1:40)

パイプから冷たい水が勢い良く出てる珍百景。

もうすぐです。

 
f:id:arucu:20171104000105j:imagef:id:arucu:20171104000210j:image
f:id:arucu:20171104000350j:image

空が開けてきました。

薊岳も見えてきました!!
国見山かな?お洒落な山ですねー。
 
f:id:arucu:20171104000559j:imagef:id:arucu:20171104000702j:image明神平到着!!(1:50)

まず明神平に着いたらその解放感に驚くと思います。

昔スキー場だったらしくその名残がありますね。


f:id:arucu:20171104001451j:image

前山・三ツ塚・明神岳方面

桧塚奥峰、薊岳へ続いているルートです。

主に明神岳は稜線歩きで南の展望が開けていています。

余裕があるなら明神平~明神岳まで行ってほしいですね。

それより先は距離があるので体力と相談を。

 

f:id:arucu:20171104001653j:image

水無山・国見山方面

その先はハート型の池がある赤ゾレ山は展望もあり面白かったですが、

桧塚奥峰や薊岳のほうがおすすめですね!!

 

 

登っても楽しい見ても楽しい明神平。

ほんとに広くて雰囲気いいんですよね。

登山者もみんな楽しそうです(笑)

 

登山口まで辿り着くのが大変ですが、

その苦労に見合った素晴らしい山なのでぜひ登ってください!!

 

f:id:arucu:20171104000948j:image

 

 


文字数の関係で笹ヶ峰~千石山は別パートで書かせていただこうかと思います!!

 

※追記

私のうっかりで笹ヶ峰~千石山の写真を消去しちゃいました…

文字だけだと味気ないので、

改めて登ったときに紹介させていただきます(_ _*)