あるく私記

△を歩いたり、△でご飯食べたり、△で寝たりしてます。

金剛山【大阪/金剛山地】

こんばんはー(^_^)

今日は大阪府/金剛山を、

高天彦神社~郵便道ルート(奈良側)で登ってきました!!

 

 

標高1,123㍍ 大阪府の最高地点があり、

関西一の登山者数を誇る金剛山!!

大阪市内からのアクセスのしやすさ、

また日本の山では珍しい登山回数記録

システム(スタンプカードに判子を押すだけ)があり、

回数登山や健康登山として人気の山でもあるみたいです!!

カード作成には500円かかりますのでお財布を忘れずに(^人^)

 

 

コースタイム 郵便道ピストン

(高天彦神社→金剛山山頂→高天彦神社)

高天彦神社8:30→郵便道い2標識8:50→郵便道い5標識9:15→ダイヤモンドトレール合流9:50→金剛山山頂10:10→高天彦神社11:15

 


2018年4月8日 郵便道

崩落箇所有り、迂回路があり登山に支障なし。


f:id:arucu:20180408142240j:image

金剛山の登山者数は、東京の高尾山に次ぐ日本第二位だとか!!

第一位は富士山かと思ってたんですが、

山開きの期間が短いのと高尾山・金剛山みたいに気軽に登れないという意味では納得の順位ですね。

 

 

登るルートもいろいろな種類があり、

険しいものもあればお手軽なものもあります。

体調や季節によってその時に合ったルートを選べるのも魅力的です。

また往路は2時間前後のルートが多く、

早朝登って昼過ぎからはお出かけや家でごろごろ出来るお手軽感も嬉しいですね♫

 

 
f:id:arucu:20180408144019j:image

それじゃあいつもの駐車場から登山スタート!!(0:00)

※写真左にある無人小屋で野菜が売ってました♪

 
f:id:arucu:20180408144209j:imagef:id:arucu:20180408144346j:imageその無人小屋の後ろの舗装路を道なりに進みます。

この道が高天ノ滝を巻く迂回路となってるみたいです。

 

f:id:arucu:20180408144503j:imagef:id:arucu:20180408144546j:image道なりに進んでいくと猪避けネットがあるので越えていきます。

 

f:id:arucu:20180408144713j:imagef:id:arucu:20180409010420j:image左右に分岐がありますが金剛山は右へ進みます。

家を出たときは日射しがキツいくらい晴れてたのに、

急に曇りだしてきました…山の天気は変わりやすい(・-・`)

 
f:id:arucu:20180408145021j:image

道なりに進むとまた猪避けネットがあり潜ると登山道の始まり!!(0:05)

 

f:id:arucu:20180408145241j:imagef:id:arucu:20180408150418j:image

郵便道は森を歩いていくルート。

←高天/金剛山→ この地点は (いー○) 

という標識を (いー1)~(いー8)まで登ります。

標識は充分にありますが分岐もちょっとあります。

基本的には踏み跡のはっきりした大きい道を選べばほぼ間違いありません。

また泥土が中心の登山道で拳大くらいの石がゴロゴロ。

雨の日、また前日が雨の日は防水性のない靴での登山は控えたほうがいいかもです(>_<)

 
f:id:arucu:20180408150502j:image f:id:arucu:20180408150532j:image
嫌なサイズの石があり少し足場が悪いです。

この後から少し急になります。

 
f:id:arucu:20180408150730j:imagef:id:arucu:20180408150758j:image最初の分岐です。(0:10)

どちらを選んでもここは同じ場所にたどり着きます!!

左は急な山道、右は長い階段、お好きなほうを(笑)

 
f:id:arucu:20180408150758j:imagef:id:arucu:20180408150920j:image私は左を選んで帰りは右を使って降りました。

なんとこの辺りから雪が降ってきたんです!!

季節外れの雪… テンション上がってきました(*˘˘*)

 

f:id:arucu:20180408151400j:image

少し見辛いですが先ほどの分岐を右に進めば、

この写真の右から出てきてここで合流します。

この先が分岐点なんですが何か書いています。


f:id:arucu:20180408151533j:image

2017年末に書かれた注意書きですね。

台風で郵便道の途中が崩落していたみたいです。

 

f:id:arucu:20180408151640j:image

三つの分岐が見えますね。(0:20)

左・中央・右

右はすぐ中央と繋がってます。

さきほどの注意書きはこの分岐を左へ進んでねと書いてます。

ちなみに郵便道は中央の道です。

 

f:id:arucu:20180408151914j:imagef:id:arucu:20180408152857j:image2018年4月現在は迂回路があり登れるので中央の道を行きます。

雨の日前後は左を使ったほうがいいと思うので下調べをお忘れなく(・-・`)

ちなみにここが(いー2)。

(いー1)は降りも探してみたんですが見つからず…


f:id:arucu:20180408153000j:imagef:id:arucu:20180408153128j:image
急な道を登っていきます。

ここではじめて登山者とすれ違いました。

 

f:id:arucu:20180408153348j:imagef:id:arucu:20180408153410j:image

ケルンがあり廃れた資材置き場が見えてきました。(0:30)

ケルンを見つけたら1つ石を積みたくなります♪


f:id:arucu:20180408153629j:imagef:id:arucu:20180408153654j:image

フラットな道が見えてきたらすぐに(いー3)

この(いー3)も分岐になっていて細い道は降りになるので、

道なりに大きい道へ進みます。

 

f:id:arucu:20180408153859j:imagef:id:arucu:20180408153923j:image

なかなか木々の綺麗な登山道です♪

あとこの辺りから雪が強くなってきました…

やはり春といえども山は防寒対策は必須です。

 

f:id:arucu:20180408154136j:imagef:id:arucu:20180408154157j:image
程なくして分岐と標識が見えてきました。

左が正解、右は崩落していて進めません。

 

f:id:arucu:20180408154310j:imagef:id:arucu:20180408154321j:image
ここが(いー4)。(0:40)

この先にも崩落箇所があり、

雨が降ってる時雨降った後は一旦戻って

さきほどの(いー2)の分岐を左へ進んでくださいね。

 

f:id:arucu:20180408154603j:imagef:id:arucu:20180408154806j:image

ここは写真左の細い道を行きます。

急だった道ももう少し先から緩やかになってきます。

 
f:id:arucu:20180408155000j:imagef:id:arucu:20180408155017j:image
個人的には(いー5)が山頂までの折り返し地点と思ってます。


f:id:arucu:20180408155223j:imagef:id:arucu:20180408155258j:imagef:id:arucu:20180408155241j:image

(いー5)に着きました!!(0:45)

ベンチとテーブルがあり休憩所にびったりです。

ここで体力的には約半分、頑張りましょー♪

 
f:id:arucu:20180408155450j:imagef:id:arucu:20180408155527j:image

雪が降ったり晴れたり溶けたり。

もっと早く登り始めれば霧氷があったかも知れません(´._.`)

 

f:id:arucu:20180408155642j:image

山からガスがもくもくと上がってます。

山って生きてるんだなーって感じます(°ω°)

 
f:id:arucu:20180408155905j:imagef:id:arucu:20180408155845j:image

この辺りは少し荒れてます。

ですがさっき書いてた崩落箇所はここではありません。

 

 

 

 

 


f:id:arucu:20180408160025j:imagef:id:arucu:20180408160047j:imageここですね。


f:id:arucu:20180408160110j:imagef:id:arucu:20180408160128j:imageたしかにまだまだ崩れそうな雰囲気です。

雨の日やその後、脆くなった斜面がいつ崩れてもおかしくない。

ここの少し前の荒れた道も同じ事が言えます。


f:id:arucu:20180408160559j:imagef:id:arucu:20180408160737j:image崩落しているすぐ上が通れるようになってます。

ここから麓を覗けます。光のカーテン!!

 

f:id:arucu:20180408160852j:imagef:id:arucu:20180408161032j:image崩落箇所を抜けるとあと鬼門の(いー6)まですぐ。(1:00)

(いー5)からここまでが他より長い距離に感じます。

 

f:id:arucu:20180408161239j:image

4月やのに0℃?!

この間の昼間は23℃あったのに…

 
f:id:arucu:20180408161416j:image 

さあここから階段地獄です。

たぶん500段くらいあったと思います。(本気)


f:id:arucu:20180408161608j:imagef:id:arucu:20180408161621j:imagef:id:arucu:20180408161659j:image

一段一段は高くないのが救いです。

ただ木製なので雨の日や早朝の朝露がかかると滑ります…

 

f:id:arucu:20180408161744j:imagef:id:arucu:20180408161837j:image
途中に水場があります!!

珍しく今日は溜まってましたが、

夏場はほぼ干上がってます(笑)

ただ溜まっててもちょっと不安で飲めないですけどね…

 

f:id:arucu:20180408161956j:image

こんな風に50段毎にプレートがあります。

今日は雪でこれしか見つかりませんでしたが、

たしか450のプレートがあって階段が後少しあった記憶があります。

 

f:id:arucu:20180408162127j:imagef:id:arucu:20180408162147j:image
階段がウネウネしてきて空が近くなってきたらゴールも近いです(笑)

 
f:id:arucu:20180408162248j:image

おー!!


f:id:arucu:20180408162350j:imagef:id:arucu:20180408162434j:image
やっと着きました!!(1:15)

ここがダイヤモンドトレール合流地点(いー7)

あとは緩やかな道を行くだけです。


f:id:arucu:20180408162519j:imagef:id:arucu:20180408162601j:image

金剛山・葛木神社方面へ。

この日はトレランの大会?があったみたいで、

ダイトレからはトレランの方々で賑わってました。

 

f:id:arucu:20180408162854j:imagef:id:arucu:20180408162949j:imagef:id:arucu:20180408163107j:image

少し進むと鳥居があります。

ここが(いー8)郵便道終点。(1:20)

雪もうっすら積もって霧氷も少しあります♪

この中をトレランの方は半袖で走ってる!!凄いです(°ω°)

 

f:id:arucu:20180408163232j:imagef:id:arucu:20180408163316j:image
f:id:arucu:20180408163336j:image

山頂まではもう少しだけ歩きます。

登山者や観光客で大賑わい。

まさか雪が積もってると思ってなくて観光客が転びまくってます🌀

 
f:id:arucu:20180408163620j:imagef:id:arucu:20180408163645j:image最高点のある葛木神社の奥は神域のため立ち入り禁止だそう。

この先にある国見城趾が金剛山山頂となってるみたいです(^_^)


f:id:arucu:20180408163924j:imagef:id:arucu:20180408164003j:image

去年の雪山楽しかったなー。

今年はどこに挑戦しようかなんて早くも考えてます(笑)

 
f:id:arucu:20180408164355j:image

桜はまだかー(・-・`)

 

f:id:arucu:20180408164429j:image

-2℃ですって!!そりゃ寒いですよねー。

4月に氷点下になるの初めて見ました!

 

f:id:arucu:20180408164745j:imagef:id:arucu:20180408164845j:image

山頂には売店・トイレ・キャンプ場・展望広場・ロープウェイ

いろいろあって楽しめそうですね♪

写真のお店が回数スタンプ押してくれる小屋になります。


f:id:arucu:20180408165041j:image

登り始めは曇ってた空も機嫌良くなってきましたね♪


f:id:arucu:20180409000051j:image

金剛山登頂となる国見城趾!!(1:40) 

広場になっていて展望もいいです。

山頂には人が20人くらいいたかな?

賑やかな山頂で和やかな雰囲気です(*˘˘*)

 

f:id:arucu:20180409000822j:image

山頂を堪能したので帰ります♪

ブナ林の美しい道。

金剛山山頂はパワースポットでもあるみたいで独特な雰囲気があります。


f:id:arucu:20180409001230j:image
遠くに葛城山の山頂。

金剛山からは水越峠を越え縦走可能です。

金剛山をスタートして葛城山のロッジに泊まり、

二上山までダイトレを走破するルートも人気のようです。

 

f:id:arucu:20180409001623j:imagef:id:arucu:20180409001749j:image
金剛山はいろんなルートがあり、

又いろいろなところで合流します。

降り口を間違えると全然違うところに降りるのでご注意を!


f:id:arucu:20180409001940j:imagef:id:arucu:20180409002004j:imagef:id:arucu:20180409002030j:image

来た道を忠実に戻りましょう。

ダイトレ分岐から高天方面を降りたら、

長ーい階段の降りが始まり後は道なりに降ります。


f:id:arucu:20180409001118j:imagef:id:arucu:20180409002342j:image

郵便道はちょうどいいルートだと思います。

めちゃくちゃキツくもないけど軽すぎる事もない。

そこそこ急だけどめちゃくちゃ急でもない。

慣れれば往復3時間で登れて準備~帰宅まで半日で山登りが終わる。

 

f:id:arucu:20180409002813j:image

私自身はこれで20回目くらいの金剛山登山です。

違うルートで登ったり、飽きて途中で帰ったり、

読図練習のために地図とにらめっこしながら登ったり、

夏場は13キロの荷物を背負って登ったりといろいろしてます。

ホームグラウンドってやつですね♪


f:id:arucu:20180409003412j:image

何千回、何万回と登頂されてる方もいらっしゃるみたいです。

この近辺に住んでる方みんなのホームグラウンド。

記録が残るからそれを増やすために登るのではなく、

気づいたらこんなに登ってたんだー。  

ってなる親しみやすい山です。

もちろん登山なので油断は禁物ですが、

関西一登られてる金剛山、ぜひ一度登ってみてくださいね!

 

f:id:arucu:20180409004618j:imagef:id:arucu:20180409004642j:image
f:id:arucu:20180409004707j:image