あるく私記

△を歩いたり、△でご飯食べたり、△で寝たりしてます。

綿向山【滋賀/鈴鹿山脈】

 

こんばんはー!

今日は滋賀県にある鈴鹿山脈

綿向山~竜王に登ってきました♪

鈴鹿山脈って三重県だと思ってたんですが

最西部は滋賀県になるんですね!

 

冬の樹氷でとても有名な綿向山と竜王

登りやすいこの時期に登って、

下見をしておこうと思い決行です♪

※この記事では綿向山のみの紹介です。

 

登りやすくてわかりやすい登山道に

鈴鹿山脈の鋭峰が近くに見える大展望、

登ってみたら人気な理由がわかった気がします!

そんな綿向山のコースの説明とポイントを

簡単にお伝え出来たらと思います(_ _*)

 

 

コースタイム

(御幸橋P 7:40→ヒミズ谷小屋8:00→5合目小屋8:30→8合目9:05→綿向山山頂9:25~9:40→竜王山119ポイントNo.① 9:50~10:00→No.②10:35 →917峰No.③10:50→No.④11:05→竜王山山頂11:25~11:55→林道合流12:20→御幸橋P 13:00)

 

 

2018年10月08日 御幸橋Pまで通行可

綿向山御幸橋駐車場 〒529-1621, 44 西明寺 日野町 蒲生郡 滋賀県 529-1621 https://maps.google.com/?cid=380500793819555951

表参道ルートの崩落、通行止めなし。

竜王山ルートは崩落はありませんが、

倒木、道の不明瞭になっている箇所あり。


f:id:arucu:20181008194547j:image

 

蒲生郡日野町にある綿向山。

標高1,110m、その数字から

毎年11月10日【綿向山の日】として

イベントが開催されるみたい!

しかも選定したのが町長さん!!

山岳信仰の山でもあるみたいで古くから

この地の皆さまにも愛されてる素敵な山です。

  

また登山道も非常に整備されていて、

・もっとも登られている表参道ルート

ヒミズ谷小屋から派生する北尾根ルート

・更にそこから水無山に登り綿向山に縦走するルート

f:id:arucu:20181008201755j:image

大きく三つのルートから選べるみたいです。

私は初めてなので一番メジャーな

表参道ルートから登ってみようと思います♪


f:id:arucu:20181008195205j:imagef:id:arucu:20181008201002j:plain

登山口にもなっている御幸橋駐車場。

途中に立派なお手洗いもありました(*˘˘*)

歩いて3分ほどなので助かります♪


f:id:arucu:20181008201414j:image

広い駐車場で20~30台くらい停めれそうです。

でも冬場は早朝でもいっぱいになるみたい…

人気のほどが伺えますね♪


f:id:arucu:20181008201628j:image

駐車場を出るとすぐに登山口。

それではアタック開始です!(0:00)


f:id:arucu:20181008203412j:image

綿向山憲章!!! 誓います(๑•̀ㅂ•́)/


f:id:arucu:20181008203546j:image

ちなみにこのルートは山頂までテープはほぼありません

そのかわり踏み跡と道標がしっかりしてるので安心です♪


f:id:arucu:20181008203703j:imagef:id:arucu:20181008203814j:image

水の音に青空の色、秋のひんやりした空気。

登山日和ー(*˘˘*)


f:id:arucu:20181008204023j:imagef:id:arucu:20181008204047j:imageこんな感じで道標がいっぱいあります。

表参道ルートはずっと綿向山方面へ。


f:id:arucu:20181008204238j:imagef:id:arucu:20181008204520j:image

少し進むと砂防ダムが見え、

その脇の階段のある登山道を登ります。


f:id:arucu:20181008204413j:imagef:id:arucu:20181008204627j:image

林道へ出てきました。

ここまでは緩やかな道で歩きやすいです。


f:id:arucu:20181008204906j:imagef:id:arucu:20181008205027j:image

林道もすぐに終わり徐々に山道っぽく。


f:id:arucu:20181008205127j:imagef:id:arucu:20181008205326j:image
f:id:arucu:20181008211100j:image

ヒミズ谷出合小屋に到着。(0:20)

ベンチもあるので最初の休憩もいいですね♪

表参道ルートと北尾根ルートの分岐点でもあります。

ここから山道になるので気を引き締めて登ります!


f:id:arucu:20181008205749j:imagef:id:arucu:20181008205812j:imagef:id:arucu:20181008205841j:image
ほぼ一本道のルートです!

今年は台風が凄かったんですけど、

綿向山を愛する会の方々や地元の皆さまが

登山道整備をしてくださったお陰でほんと綺麗。

ありがとうございます(_ _*)


f:id:arucu:20181008210409j:imagef:id:arucu:20181008210431j:image
一合目に到着!(0:30)


f:id:arucu:20181008210813j:imagef:id:arucu:20181008210836j:image
二合目♪(0:40)

だいたい標高が80~100m毎に道標があるみたい。


f:id:arucu:20181008211451j:imagef:id:arucu:20181008212005j:image

静かで綺麗な森林地帯。

表参道は標高460~1110mまでずっと登りです。

ですが地図通りずーっとつづら折りの道。

ゆっくり標高を上げていけるので、

標高差の数字より楽な感覚で登れます♪


f:id:arucu:20181008212309j:imagef:id:arucu:20181008212446j:imagef:id:arucu:20181008212407j:image
三合目を過ぎると小屋が見えてきます。(0:45)

分岐にも道標があり本当にわかりやすい道です。

 
f:id:arucu:20181008212646j:imagef:id:arucu:20181008212733j:imagef:id:arucu:20181008212838j:image

ここまでで綿向山まであと半分ほど。


f:id:arucu:20181008213114j:imagef:id:arucu:20181008213147j:imagef:id:arucu:20181008213207j:image

鐘のある五合目小屋に到着。(1:00)

この地点で標高830m、頂上まで1870m

徐々に展望も開けてくるのでここからは早いです♪


f:id:arucu:20181008213740j:imagef:id:arucu:20181008213757j:imagef:id:arucu:20181008214341j:imagef:id:arucu:20181008214406j:image
六合目と七合目、おばけキノコと行者コバ。

キノコがお好み焼きくらいあって

今まで会ったキノコでNo.1です!!驚"  


f:id:arucu:20181008214649j:imagef:id:arucu:20181008214818j:imagef:id:arucu:20181008214852j:image

ちょっと危なっかしい道もあります(・-・`)


f:id:arucu:20181008215114j:imagef:id:arucu:20181008215218j:image
f:id:arucu:20181008215000j:image

八合目の手前に北尾根ルートとの合流点。

あとこのルート唯一の水場が近くにあるみたいですよ!


f:id:arucu:20181008220237j:imagef:id:arucu:20181008220359j:image
やっと空の下を歩けます(*˘˘*)


f:id:arucu:20181008220450j:imagef:id:arucu:20181008220515j:imagef:id:arucu:20181008220627j:image
あの道を歩いてきたんだなーって思うと不思議な感じ。


f:id:arucu:20181008220751j:imagef:id:arucu:20181008220914j:image

もうすぐです♫

雲と同じくらいの高さかな?


f:id:arucu:20181008220843j:imagef:id:arucu:20181008221028j:imagef:id:arucu:20181008221110j:image

おー!!


f:id:arucu:20181008221156j:imagef:id:arucu:20181008221350j:image

綿向山 登頂!!!(1:40~2:00)

登ってみてビックリ!!!!めっちゃ山が近い…


f:id:arucu:20181008221733j:imagef:id:arucu:20181008221546j:image

中央の大きい山が雨乞岳、尖ってるのが鎌ヶ岳。

鈴鹿山脈はデカいなー!!そして広い。


f:id:arucu:20181008222033j:imagef:id:arucu:20181008221636j:image決めた。次に鈴鹿の山を登るなら雨乞岳!!

なんかね、気持ち良さそうなんですよねー山の形が。


f:id:arucu:20181008222438j:imagef:id:arucu:20181008222516j:image
ここからはピストンで降りるか、

竜王山や雨乞岳に縦走するか。

私は竜王山に登りたいので先へ進みます♪

竜王山の尾根が気持ちいいって聞いたことがあるんです。


f:id:arucu:20181008222955j:imagef:id:arucu:20181008222927j:image

鎌ヶ岳がついてきますねー。

綿向山の稜線歩きは本当に最高です♫


f:id:arucu:20181008223152j:imagef:id:arucu:20181008223208j:image
ブログでよく見る幸福ブナ。

潜ると幸せを呼ぶってほんとかよー

なんて言いながら潜っちゃいました笑"


f:id:arucu:20181008223359j:imagef:id:arucu:20181008223505j:image

竜王山の尾根が気持ちいいって言ってたけど、

たぶんここです。ここが最高に気持ちいい。


f:id:arucu:20181008223738j:imagef:id:arucu:20181008223811j:imagef:id:arucu:20181008223832j:image
竜王山分岐119ポイントNo.①(2:15~2:30)

…難路ですって(¬_¬)

大変な道を進む前に絶景を堪能します♫


f:id:arucu:20181008224146j:imagef:id:arucu:20181008224239j:image
f:id:arucu:20181008224305j:imagef:id:arucu:20181008224418j:image
この日は運がよかったみたいで

木曽駒ヶ岳も見えたし琵琶湖も見えました(ˊ ˋ*)

たしかに雪の白い世界でこの景色を見てみたい。

…また冬に来よ(๑•̀ㅂ•́)!


f:id:arucu:20181008224551j:imagef:id:arucu:20181008224830j:image

それじゃあ行きますか♫

しばらくは激下り、距離も長そうで大変です…


f:id:arucu:20181008224742j:image

ばいばい、また冬来るね。

 

 

※写真も多くて長くなってしまったので、

竜王山については別記事でお話させてもらいます。

 

 

▲綿向山 表登山道の注意点

七合目から少しの間は少し道が細くなります。

あと山頂は木々がないので防風のアウターは必要。

また北尾根ルート、水無山ルートは

難易度が上がるので安易に帰路に使わないほうがいいかも。 

表参道はハイキングコース、

北尾根ルートは登山道という感じだと思います(・-・`)

また竜王山への縦走は中級者向け、

台風の影響?で不明瞭な道もあるので相応の準備が必要です。

 

 

▲綿向山 表参道ルートの感想

終始登りやすくわかりやすい登山道、

また歩く距離が長いけどゆっくり標高を上げられ、

本当によく整備されたルートです(*˘˘*)

数字だけ見ると標高差と行動距離は長いですが

ゆっくり登ればあっという間に登れると思います!

あと綿向山を登れば鈴鹿山脈に登ってみたくなります笑"

冬だけじゃ勿体ないので

まだ登ってない方はぜひ登ってみてくださいね(_ _*)

それではよい山行を♫